2020年05月18日

自粛生活にお役立ちの情報(弁護士金沢幸彦)※5/20追記あり

ウォーキング_01.jpg

みなさん、こんにちは。

自粛生活も長期に及び、ともすれば心身が萎えてしまいそうになりますよね。

私は、松戸の事務所近くの江戸川周辺をウォーキングして気分転換をはかるなどしています。

ウォーキング_2.jpg

今回は、お役立ちのリンク集を掲載します。

法律相談関係は後日アップしますが、今回はあえてそれ以外です。

それぞれ、長期戦を戦い抜くうえでは、けっこう大事なことだと思います。

なお、これから改定版もアップする予定です!





自粛生活お役立ちリンク集


心の健康について

筑波大学附属病院「新型コロナウイルス(COVID-19)に関するこころのケアについて」(2020年3月10日掲載)
心の健康を保つための方法が紹介されています。

東北大学病院「一般の方へ」(2020年5月7日掲載)
医師からのメッセージ動画や自宅でできるストレッチ方法などがまとめられています。

三重大学医学部附属病院「ミニ ニュース 新型コロナウイルス」(2020年4月28日掲載)
新型コロナウイルスの感染予防法や、理学療法士が勧める自宅で座ったままできるエクササイズなどが紹介されたPDFです。

京都府立医科大学附属病院 精神科・心療内科「新型コロナウイルス感染症の不安を抱えながら働いているあなたへ」(2020年5月12日掲載)
ストレスを対処する方法や眠れないときの過ごし方などが紹介されたPDFです。

京都府立医科大学附属病院 精神科・心療内科「新型コロナウイルス感染症で入院された方へ〜眠れない・気持ちがつらいときは〜」(2020年5月12日掲載)
入院時のストレスなどについて紹介されたPDFです。

日本赤十字社「感染症流行期にこころの健康を保つために」(2020年3月27日掲載)
心の健康を保つためのガイドがPDFで紹介されています。

江戸川大学 睡眠研究所「外出自粛中によい睡眠を確保するための5つのヒント」(2020年4月9日掲載)
良い睡眠のためのヒントがPDFで紹介されています。

日本産業カウンセラー協会「新型コロナウイルスによる不安やストレスなどの心の問題に対処するために」
心身のストレスのチェック方法や対処法が紹介されています。

日本看護協会「セルフケア」(2016年1月8日掲載)
https://www.nurse.or.jp/nursing/shuroanzen/safety/mental/kojin/index.html
心身のストレスに対する反応やストレス対処法が紹介されています。

日本産業カウンセラー協会「運動不足を防いで新型コロナウイルスとの長期戦に臨む」(2020年5月8日掲載)
https://www.counselor.or.jp/covid19/covid19column12/tabid/520/Default.aspx
運動不足とメンタルヘルスに関する情報や、自宅でできるリラクゼーションと運動などを紹介しています。


在宅勤務による運動不足の解消・フレイルの防止について

松戸市内散歩マップ
松戸市内の散歩マップです。休業中の施設もありますが、散歩コースの参考にご参照ください。

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院「在宅心臓リハビリのすすめ」
自宅でできる運動が紹介されています。

獨協医科大学日光医療センター「ステイホーム中の患者さんへ」(2020年3月18日掲載)
自宅でできる簡単な運動が動画で紹介されています。

スポーツ庁「新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について」
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/jsa_00010.html
安全に運動をするポイントや、運動不足解消のための体操などがまとめられています。

東京都福祉保健局「新型コロナウイルス感染症対策期間中も、健康的な生活習慣を維持しましょう−自宅でできるかんたん体操を動画でご紹介−」(2020年4月22日掲載)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kaigo_frailty_yobo/news/20200421.html
フレイルとは、加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機など)が低下した状態のことです。外出自粛であっても健康的な生活を送るために、自宅でできる簡単な体操の動画が4種類紹介されています。


体のこと・健康のことについて

日本眼科学会「新型コロナウイルス感染症の目に関する情報について」
外出自粛の状況で眼科へ通院してもよいかなどのQ&Aがまとめられています。

日本栄養士会「新型コロナウイルスの状況下、今、栄養指導に必要な一般生活者へのアドバイス」
新型コロナウイルスと栄養に関するQ&Aがまとめられています。

国立健康・栄養研究所 食品保健機能研究部 健康食品情報研究室「新型コロナウイルス感染予防によいと話題になっている食品・素材について」
https://hfnet.nibiohn.go.jp/notes/detail.php?no=2142
新型コロナウイルス感染予防によいと言われている乳酸菌やビタミンDなどの、同じウイルス性感染症であるインフルエンザに対する効果の研究結果がまとめられています。

日本栄養・食糧学会「新型コロナウイルス感染症への栄養面での対処」(2020年4月9日掲載)
https://www.jsnfs.or.jp/news/news_20200409_jsnfs.html
外出自粛の影響で栄養状態のっかを防ぐための5つのポイントが掲載されています。

スポーツ栄養協会「新型コロナウイルス感染症情報」(2020年4月23日掲載)
https://sndj-web.jp/feature/covid-19/
新型コロナウイルスで自粛中の食生活ガイドなどがまとめられています。


熱中症の予防について

環境省「熱中症予防情報サイト」
https://www.wbgt.env.go.jp/
暑さ指数や熱中症リスクカレンダーなどの情報がまとめられています。

気象庁「熱中症から身を守るために」
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/netsu.html
熱中症予防に役立つ、最高・最低気温の分布図や高温注意情報などのリンクがまとめられています。

消防庁「熱中症情報」
https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/post3.html
熱中症による緊急搬送の状況や、予防啓発情報などが紹介されています。

千葉県「熱中症に注意しましょう」(2019年9月11日掲載)
https://www.pref.chiba.lg.jp/kansei/necchuusyou4.html
熱中症の予防方法や症状、応急処置などがまとめられています。


在宅勤務・テレワークについて

厚生労働省「テレワーク総合ポータルサイト」
https://telework.mhlw.go.jp
テレワークについてまとめられたポータルサイトです。厚生労働省が運営しているので、労務管理に関するQ&Aなどの情報もあります。

総務省「テレワーク情報サイト」
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/furusato-telework/index.html
総務省が運営するテレワークについてまとめられたサイトです。

厚生労働省「エコノミークラス症候群の予防のために」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07384.html
在宅勤務や外出自粛のため、発症が懸念されているエコノミークラス症候群の予防方法が掲載されています。

おと風景「静かなオフィスの音 1時間」
https://otofukei.com/sound/m56
オフィスの音を録音したものです。在宅勤務中でもオフィスにいる気分が味わえます。再生しながら仕事をしましたが、不思議と楽しい気持ちになりました。


消費に関連すること

消費者庁「新型コロナウイルス感染症の拡大に対応する際に消費者として御注意いただきたいこと」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/notice_200227.html#cov01
買い物や外食をするときの感染症対策などについてまとめられています。

国民生活センター「新型コロナウイルス感染症関連」
http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coronavirus.html
新型コロナウイルスに便乗して発生している消費者トラブルについてまとめられています。


その他

国立国語研究所「『病院の言葉』を分かりやすくする提案」
https://www2.ninjal.ac.jp/byoin/
ウイルスやエビデンスなどの専門用語に対して、分かりやすい日本語で示されています。

「ヘルスリテラシー はじめての方へ」
https://www.healthliteracy.jp/hajimete.html
健康情報を探すためのポイントや情報の活用方法などが掲載されているサイトです。

厚生労働省「新型コロナウイルス対策 身のまわりを清潔にしましょう。」(2020年3月31日掲載)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000614437.pdf
手洗いの仕方、食器やドアノブの消毒の仕方、次亜塩素酸ナトリウム液の作り方が紹介されたPDFです。
posted by 金沢幸彦 at 12:27| Comment(0) | 日記

2020年05月12日

「新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防について」

いつもお世話になっております。まつさと法律事務所です。

コロナ対応_00.jpg

先日、新型コロナウイルスの感染予防のために、面談時に使用するテーブルに透明なシートを設置しました。

ドアノブやテーブルなどの除菌も行っております。

当事務所いらっしゃる方が、少しでも安心していただけるように、今後も感染予防措置に努めてまいります。
posted by 金沢幸彦 at 21:10| Comment(0) | 日記

2020年04月03日

「ふつうの系譜展へ」

2019年、最も楽しんだ企画展は「へそまがり日本美術」で間違いありません。2020年に「ふつうの系譜」展が開催されると知って、毎日楽しみにしていました。

★なお、現在の開催状況は下記を参照(してください当面土日月はお休みです)。困難な状況のもと開催を続けてくれる府中市美術館には心からの敬意を表します。
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/index.html


ふつうの系譜_00.jpg

今回のコンセプトは奇想と対照的なふつう。「『ふつう』の魅力を知れば、奇想も、そして『日本美術史』という更なる広い世界も、もっともっと輝いて見える」というのが今回のコンセプト。

主旨を読み「なるほど」と展示作品に目をやると、「へそまがり日本美術に戻ってきたのだろうか」と思うような奇想の絵が。この絵はふつうではないと考えて解説に目をやると「敦賀コレクションの前に、まず奇想の作品を見ておこう。『ふつう』の魅力が一層際立って感じられるかもしれない」とのこと。さすが府中市美術館、一筋縄ではいきません。

奇想の絵で最も恐ろしかったのが曽我蕭白の《騎驢人物図》。騎馬に乗った唐時代の詩人と従者が描かれているのですが、笑みをたたえた従者がなぜかこちらを見ています。絵の状況的にニンマリと笑う必要性はなさそうですが、なぜか笑顔。とにかく怖い。笑顔も目がしっかり合うのも怖いのですが、不思議と長い時間見つめ合っていました。

奇想の絵の次は敦賀コレクション。へそまがり日本美術では長澤蘆雪の子犬が大人気でしたが、今回はほぼ同じ場所に、円山応挙の子犬の絵が展示してありました。円山応挙《狗子図》が2作。可愛らしい絵です。円山応挙の犬の絵は、ふわふわした毛並みも素晴らしいですが、にょーんと柔らかく伸びた体の描写も最高です。この子犬の描写はリアルだと犬と暮らした経験から言えます。いつの時代も子犬はこんな感じなのでしょうね。

奇想、ふつう、奇想とふつうの間の3部構成の「ふつうの系譜」展。奇想とふつうの間は岸駒の絵。「がくがくとした独特の描線」が特徴と知って、デジタルソフトで絵を描く人が、わざとがさがさとした荒いペンを設定しアナログ風に描くという話を思い起こしました。線質で個性を追求するものなのですね。

昨年の「へそまがり日本美術」のことを思い出すと、展示スペースを回るだけで楽しくなってきます。日本美術なのにルソーの絵があった場所や、上様(徳川家光)のなんとも言い難いうさぎやみみずくの絵があったスペース、うなだれた鶴の絵があったところに「ふつう」の絵があるのは、なんとも表現し難い気持ちです。昨年と今年の春で置いてあるものがまるきり違いましたが、意外とへそまがり日本美術の作品の配置を覚えているもので、ここに〇〇の絵があったと懐かしく感じました。

楽しみにしていた企画展が無事に開催され、多くの作品に触れることができました。私が一番好きな画家はアンリ・ルソー。奇想の画家好きの私ですが、「ふつう」の絵の素晴らしさを改めて感じました。

ふつうの系譜_01.jpg

今回は、図録とポストカードと箱に円山応挙の可愛らしい子犬が描かれた豆菓子を購入。ハマスホイとデンマーク展が、東京都美術館が休館している間に会期終了してしまいグッズが買えなくなった教訓から、欲しいものはすべて手に入れました。

ふつうの系譜_02.jpg

「ふつうの系譜」展は、前期と後期で展示される作品がガラッと変わるので、諸事情が許せば、後期も行く予定です。
posted by 金沢幸彦 at 08:49| Comment(0) | 日記