2020年02月14日

「5年ぶりのアーティゾン美術館へ」

みなさんこんにちは。春めいた風も吹くようになりましたね。
ただ、体調を崩される方が続出しておりまして、弊所でのご相談やお打ち合わせのリスケジュール等も多くなってます。お互い体調管理には気を付けましょう。
さて、今回も美術関係のことを書かせていただきます。なお、私は、これまでただ漫然と絵画を見てきただけで美術鑑賞者としては「新人」同然で勉強中なのです。そこで、実は以下の記事は、鑑賞眼と知識を持ち合わせている「先達」に内容を監修してもらっています(笑)。

2015年から休館していたアーティゾン美術館の開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」へ行ってきました。5年ぶりの訪問です。休館前の企画展「ベスト・オブ・ザ・ベスト」展以来なので懐かしい気持ちになりました。
生まれ変わったアーティゾン美術館は、展示空間にゆとりがあり作品の世界により入り込めそう。海外の美術館のように撮影も可能なので、好きな作品を撮るのも良いですね。今回は作品鑑賞に集中しようと思い撮影しませんでしたが、次回来訪時にはチャレンジしようと考えています。
開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」でもアンリ・ルソーに出会いました。ルソーの《牧場》は、その名の通り牧草地に牛と人が描かれているのですが、なんだか牛が人に対して大きすぎるような……。大原美術館所蔵の《パリ近郊の眺め、バニュー村》を思い出しました。こちらの絵も人と牛の大きさが不思議なバランスです。「人物に対して牛はこのくらいと大きさ」といった枠にはまらない表現がルソーの魅力のひとつですね。
オディロン・ルドンの《神秘の語らい》は二人の女性が描かれています。しかし、何をしているのかは不明。諸説あるようですが、個人的には、ひとりがもうひとりの手を取ってどこかへ誘おうとしているように見えます。岐阜県美術館の《神秘的な対話》との関連も気になりました。他にも類似の作品があるようなので、見比べて内容を考察してみたいものです。
2015年以来のアーティゾン美術館。開館記念展ということもあって、とても充実した企画展でした。今後も休館中に収集された作品などが展示されるそうで、さらなる出会いが楽しみです。
posted by 金沢幸彦 at 09:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: