2020年02月24日

「未来と芸術展」 未来と芸術展

新型肺炎の影響で、世の中のイベントは自粛の嵐ですね。
昨日は、一部で免疫によいとも言われているカレーを神保町の某店でいただきました。
ここは欧風カレーの名店だけに、店外の階段の外まで伸びた行列が2フロア上まで続いていました。
しっかり食べて体力温存しかありませんね。
さて、今回は少し前に訪れた美術展の記事です。少し不思議な近未来感あふれる展示でした。

「未来と芸術展」

森美術館で開催されている「未来と芸術展」へ行ってきました。2016年の宇宙と芸術展が好みだったので、未来と芸術展も楽しみにしていました。

作品の撮影が可能だったので、興味を惹かれた作品を写真とともに紹介します。

《ムカルナスの変異》ミハエル・ハンスマイヤー
学習したイスラム建築の情報をもとに人工知能が作り出したものとのこと。動物が絵を描いても人工知能がデザインしても気にならない人間ですが、これはなぜか不安を感じます。その不安はどこからやってくるのか。例えば人工知能ではなく人間が作ったものと解説されていれば生じないものなのか。しばらく考えさせられました。

《シュガーベイブ》ディムート・シュトレーベ
上野の森美術館の「ゴッホ展」に行った後なので感慨もひとしおですね。自分の耳と比べると小さいような。《シュガーベイブ》が展示してあるスペースのそばで、やくしまるえつこの『わたしは人類』が繰り返し流れていました。コンセプトは人類滅亡後の音楽だそうです。谷山浩子の『テングサの歌』を思い出しました。海で生まれたテングサは何億年でも何万年でも退屈せずに過ごせます。2時間でも2カ月でも2100万年でもぼんやりとできるなんて次はテングサに生まれたいですね。

未来と芸術展の作品を見ていると、技術革新により環境・生命を自由に編纂できる力を手に入れた人間とは一体なんなのかと考えました。作品に不気味さを感じたらLOVOTと遊ぶのも良いかも。夜間会館だと子供があまりいないので、大人でもLOVOTと遊ぶチャンスがありますよ〜。考えさせられた企画展でしたが、車もまだ空を飛ばない世の中なので未来はまだ未来のような気もします。

未来と芸術展_01.jpg未来と芸術展_02.jpg未来と芸術展_03.jpg未来と芸術展_04.jpg
posted by 金沢幸彦 at 13:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: