2020年02月27日

「オランジュリー美術館コレクション

今日は良い天気ですが、花粉が多く舞っています。空を見上げると、花粉の輪っかが観測されるほどのそうです。花粉症の私にはまだまだ辛い時期が続きそうです。まあ、例年はこの時期の話題と言えばそ花粉症で済んでいたのですが、今年はコロナコロナで、未曽有の事態ですね。弁護士会の各種の集会や研修会は次から次へと中止が発表されています。裁判や調停が中止になるのも時間の問題な気がしています。もっとも裁判や調停は、電話会議システムをうまく使えば、なんとかやりくりはつく部分もあるかもしれません。
さて、今回の美術ネタは、「オランジュリー美術館コレクション」。今年の正月明けくらいに行ってきたものです。それから早2か月経過・・・・時間がたつのは早すぎる(笑)。今年も世の中の状況をみつつ、ルソーさんをたくさん見ていこうかなと思ってます。

「オランジュリー美術館コレクション」

2020年、最初に訪れたのは横浜美術館の「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」。オーギュスト・ルノワールの作品を中心に、19世紀末から20世紀初頭にパリで活躍した画家たちの企画展です。

展覧会のメインはタイトルにもあるルノワールですが、私のメインはアンリ・ルソー! 20年ぶりに絵が来日するそうで楽しみにしていました。

ルソーの作品は5点あり、どれも個性的。『人形を持つ子ども』は、子供の顔がなぜかルソーにそっくり。『婚礼』は、花嫁のベールが前にいる人物にかかり前後関係があやふや。すごい絵を見たと衝撃を受けていたら『ジュニエ爺さんの二輪馬車』にUMA
(未確認動物)を発見。馬車に乗ったジュニエ爺さんとルソーの間に、灰色のふわふわした生き物がいます。解説にも図録にも説明がありません。このUMAは犬?それとも猫? もしかしたら19世紀のフランスには不思議な生き物がいたのかもしれません。

ルソーの作品を多く見ることで彼の画業を理解できるかもと考えましたが、かえって謎が深まりました。作品を見れば見るほど興味深い画家です。

ルノワールにモネ、ピカソにローランサン、2019年に何度も出会った画家たちの絵に再会した企画展でした。2020年も多くの作品と巡り合いたいものです。
posted by 金沢幸彦 at 14:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: