2020年04月03日

「ふつうの系譜展へ」

2019年、最も楽しんだ企画展は「へそまがり日本美術」で間違いありません。2020年に「ふつうの系譜」展が開催されると知って、毎日楽しみにしていました。

★なお、現在の開催状況は下記を参照(してください当面土日月はお休みです)。困難な状況のもと開催を続けてくれる府中市美術館には心からの敬意を表します。
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/index.html


ふつうの系譜_00.jpg

今回のコンセプトは奇想と対照的なふつう。「『ふつう』の魅力を知れば、奇想も、そして『日本美術史』という更なる広い世界も、もっともっと輝いて見える」というのが今回のコンセプト。

主旨を読み「なるほど」と展示作品に目をやると、「へそまがり日本美術に戻ってきたのだろうか」と思うような奇想の絵が。この絵はふつうではないと考えて解説に目をやると「敦賀コレクションの前に、まず奇想の作品を見ておこう。『ふつう』の魅力が一層際立って感じられるかもしれない」とのこと。さすが府中市美術館、一筋縄ではいきません。

奇想の絵で最も恐ろしかったのが曽我蕭白の《騎驢人物図》。騎馬に乗った唐時代の詩人と従者が描かれているのですが、笑みをたたえた従者がなぜかこちらを見ています。絵の状況的にニンマリと笑う必要性はなさそうですが、なぜか笑顔。とにかく怖い。笑顔も目がしっかり合うのも怖いのですが、不思議と長い時間見つめ合っていました。

奇想の絵の次は敦賀コレクション。へそまがり日本美術では長澤蘆雪の子犬が大人気でしたが、今回はほぼ同じ場所に、円山応挙の子犬の絵が展示してありました。円山応挙《狗子図》が2作。可愛らしい絵です。円山応挙の犬の絵は、ふわふわした毛並みも素晴らしいですが、にょーんと柔らかく伸びた体の描写も最高です。この子犬の描写はリアルだと犬と暮らした経験から言えます。いつの時代も子犬はこんな感じなのでしょうね。

奇想、ふつう、奇想とふつうの間の3部構成の「ふつうの系譜」展。奇想とふつうの間は岸駒の絵。「がくがくとした独特の描線」が特徴と知って、デジタルソフトで絵を描く人が、わざとがさがさとした荒いペンを設定しアナログ風に描くという話を思い起こしました。線質で個性を追求するものなのですね。

昨年の「へそまがり日本美術」のことを思い出すと、展示スペースを回るだけで楽しくなってきます。日本美術なのにルソーの絵があった場所や、上様(徳川家光)のなんとも言い難いうさぎやみみずくの絵があったスペース、うなだれた鶴の絵があったところに「ふつう」の絵があるのは、なんとも表現し難い気持ちです。昨年と今年の春で置いてあるものがまるきり違いましたが、意外とへそまがり日本美術の作品の配置を覚えているもので、ここに〇〇の絵があったと懐かしく感じました。

楽しみにしていた企画展が無事に開催され、多くの作品に触れることができました。私が一番好きな画家はアンリ・ルソー。奇想の画家好きの私ですが、「ふつう」の絵の素晴らしさを改めて感じました。

ふつうの系譜_01.jpg

今回は、図録とポストカードと箱に円山応挙の可愛らしい子犬が描かれた豆菓子を購入。ハマスホイとデンマーク展が、東京都美術館が休館している間に会期終了してしまいグッズが買えなくなった教訓から、欲しいものはすべて手に入れました。

ふつうの系譜_02.jpg

「ふつうの系譜」展は、前期と後期で展示される作品がガラッと変わるので、諸事情が許せば、後期も行く予定です。
posted by 金沢幸彦 at 08:49| Comment(0) | 日記

2020年03月30日

「オディロン・ルドンの切手を入手」

2020年3月19日に特殊切手の「美術の世界シリーズ第1集」が発売されました。美術の世界シリーズ第1集は「青の世界」がテーマとのこと。オディロン・ルドンの絵が採用されていたので購入しました。

切手_00.jpg

84円切手と63円切手で絵が違うので両方入手。

84円切手は三菱一号館美術館所蔵の《グラン・ブーケ》。
64円切手はひろしま美術館所蔵の《ペガサス、岩上の馬》。

《グラン・ブーケ》は何度か見る機会がありましたが、《ペガサス、岩上の馬》はまだ見たことがありません。個人的に、ルドンの馬はポーラ美術館所蔵の《アポロンの二輪馬車》のような荒々しく大空へはばたくイメージですが、《ペガサス、岩上の馬》の天馬はまた違った印象を抱きます。切手も素敵ですが、ひろしま美術館を訪ね本物に会いたいものです。

現在、COVID-19の影響で多くの美術館が休館しています。事態が収束したら、再び多くの企画展に足を運ぼうと思っています。それまでは、自宅で図録を読み返します。
posted by 金沢幸彦 at 10:58| Comment(0) | 日記

2020年03月03日

「ハマスホイとデンマーク絵画」

疫病による大混乱が続いていますね。こんなことは四十年以上生きてきて、初めての経験です。
今のところ裁判は、裁判員裁判を除いて(なぜ裁判員裁判だけ?)予定通り行われていますが、今後は何が起きることやら・・業界では「裁判所で一人でも感染者が確認されたら、そこの裁判所の裁判はすべて中止」という未確認情報も飛び交っています。
ところで、世の中の大きなうねりの中に巻き込まれるように、見に行こうと計画していた幾つかの美術展もことごとく中止になってしまいました。
残念ですが無理もないですかね・・・今の日本では、中止にしないこと自体が「非国民扱い」されることは必定ですからね。もう少し柔軟な判断はないものなのかな(汗
今回の記事も、再訪を決意していたものの、中止によってその機会がなくなってしまった美術展についてのものです。


夜間会館を利用して、東京都美術館で開催されている「ハマスホイとデンマーク絵画」展へ行ってきました。ハマスホイの作品とと19世紀のデンマーク絵画の企画展です。
ハマスホイの作品は一度だけ見たことがあります。好きな作風だったのでとても楽しみにしていました。北欧のフェルメールと称されるハマスホイですが、個人的にはオディロン・ルドンに似ているような。特に風景画の色使いや描写が近しい気がします。モノクロの絵を中心に描いていたところも共通点ですね。ルドンは《Y.日の光》で大きな窓から見える木を描いていますが、ハマスホイは《廊下に面した室内、ストランゲーゼ30番地》で大きな窓から廊下を隔てた別室の窓か覗いている絵を描いています。窓の外に木を描くか窓を描くかは画家の流儀でしょう。
ハマスホイの作品以外にも近代デンマーク絵画が多く展示され見応えがありました。2017年に国立西洋美術館で行われた「スケーエン:デンマークの芸術家村」で見た作品を再び見られたのが大きな収穫でした。特に《ボートを漕ぎ出す漁師たち》は何度見ても迫力があります。スケーイン派の絵は他のデンマーク絵画の暖かな雰囲気とはまた違った味わいがありました。
夜間会館の時間帯であったことに加え、企画展が開始してからすぐの訪問だったので落ち着いて静寂の世界を味わうことができました。
そして、企画展のコラボグッズは洗礼されたものばかり。さすが北欧。つい、あれこれ買いたくなります。会期中、夜間会館を利用してまた訪れようと考えています⇒(付記)結局その機会はないまま終わりました。残念・・
posted by 金沢幸彦 at 11:39| Comment(0) | 日記